ブログ

歯が抜けたままになっていませんか?

皆さんこんにちは。

山口県下関市の「はらだ歯科・矯正歯科」です。

 

歯が抜けたまま放っておくと、お口や全身の健康に影響することをご存知でしょうか?
歯を失ったら、できるだけ早く歯科医院で治療を受けて補うことが大切です。
今回は、歯が抜けて放置するデメリットと補う方法についてお話しします。

 

歯が抜けたまま放置するデメリット

歯が抜けたまま放置していると、まわりの歯が歯のない歯ぐきに向かって移動していきます。また、抜けた歯とかみ合っていた歯は徐々に伸びていきます。
そのため、時間が経てば経つほど、歯並びやかみ合わせが悪くなっていきます

歯並びやかみ合わせが悪くなると、むし歯や歯周病になりやすくなり、残った歯の寿命まで縮んでしまいます
またしっかり噛めないために胃腸に負担がかかったり、顎関節を傷めやすくなったり、頭や首、背中などが痛むようになることもあります。さらに失った歯が生えていた顎の骨は、噛まなくなることで徐々に溶けてなくなっていきます。

歯が抜けただけでも、長期間放置するだけでだんだんとお口全体、そして身体の健康にも影響を及ぼすのです。

 

歯の大切な役割について

歯には様々な役割があります。

 
・食べ物を細かく噛む
食べ物をしっかり噛むことで、食べ物は細かくなり、胃腸で消化しやすくなります。
 
・食感や温度を楽しむ
歯を通して食べ物の噛みごたえや歯触り、熱などを感じることは、食べることの喜びに繫がります。
 
・異物を飲み込まずに済む
しっかりと噛むことで、異物が食べ物に混じっていても気づいて取り除きやすくなります。
 
・正しい発音をする
歯並び・かみ合わせが乱れていると、息が抜けやすくなって発音が不明瞭になりやすくなります。正しい歯並び・かみ合わせは、正しい発音に欠かせません。
 
・若々しく表情豊かになる
しっかりと噛むことで表情筋も鍛えられて表情が豊かになり、噛む刺激によって顎の骨も衰えずに済みます。
 
・運動能力につながる
上下の歯をしっかりと噛みしめることで、瞬間的な力を出しやすくなり、運動能力を発揮させることができます。
 
・脳に刺激を与える
歯でしっかりと噛むことで、脳に刺激が伝わり、認知症予防にもつながります。

 

歯を補う方法(入れ歯/ブリッジ/インプラント)

歯が抜けたら、必ず補い用にしましょう。
歯が抜けた時の治療法には「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つがあります。

 
・入れ歯
保険診療で作成できる半面、噛む力は弱く、ズレや違和感も感じやすいのが特徴です。自由診療でより機能性の高い入れ歯も作れます。
 
・ブリッジ
隣の健康な歯を削って土台にするため、隣の歯の寿命が縮みやすくなります。しっかりと噛めますが、保険診療では銀のブリッジとなります。
 
・インプラント
白く自然な見た目で、天然の歯のようにしっかりと噛めます。顎の骨に固定されるため、ズレや違和感もありません。自由診療のみとなります。
 
当院では入れ歯、ブリッジ、インプラントのいずれの治療もお受けいただけます。
まずはご希望の使い心地や治療費などをお聞かせください。患者さんに適した治療方法をご提案いたします。

 

まとめ

歯を失ったまま放置していると、歯並びやかみ合わせが悪くなっていきます。そのため、むし歯や歯周病になりやすくなり、胃腸への負担が増すなど、お口だけでなく全身の健康にも影響します。歯を失ったら必ず治療しましょう。当院では入れ歯、ブリッジ、インプラントの治療をお受けいただけます。お気軽にご相談ください。

 

ページの上部へもどる